ブログ

02.11.Monday 2019

これからの時代の火の重要性 坂田先生オーラリーディングレポ③

魂の帰還INGの記事の続きです。

セッション中、坂田先生は、これからの時代の火の重要性について、話されていました。

今年は元号が変わったり、来年にはオリンピックがあったりと凄い変化、ダイナミックな変化がやって来る。
そういう時には、皆の意識に強い浄化が起こってくる。

強い浄化というものを考えた時、「不死鳥みたいに燃やしてそこから生まれ変わる」というやり方は、象徴的で分かりやすいですね。

と話されていました。

そして「五感」がとても大切になってくる気がします。。。とも。

「皮膚感覚」であるとか、「目で見る」「耳で聞く」「味わう」「匂いを嗅ぐ」が五感です。

ここで少しイヤーコーニングについてお話しさせて下さい。

イヤーコーニングは、耳にコーンをセットし、火を灯して施術します。

そうすることで、首から上のエネルギーフィールドをクリアにします。

因みに、ポラリティセラピーでは、首から上・頭のエネルギーフィールドを「火のオーヴァルフィールド」と呼びます。

火のオーヴァルフィールドでは、「目」が象徴なのですが・・・エネルギーに「火」のパワーが満ちてくると、「目力」がアップします。

イヤーコーニングをされると、「視界がスッキリしました」というご感想をいただきます。もちろん、見た目の目力もアップしています。

又、「火のオーヴァルフィールド」は、首から上・頭部ですので、「耳」「目」「口」「鼻」の器官が含まれます。

ですので、この部分のエネルギーが浄化されることで、「聴こえ方」「見え方」「味わい方」「嗅ぎ方」に変化が現れます。

ついつい自分で作り上げてしまっていた、外界を認識する際の「フィルター」の曇りが無くなり、クリアになります。

クリアになると、「ありのままの見え方」「ありのままの聴こえ方」など、外界の認識がピュアになり、心穏やかになりますね。

このように、「火」は浄化にとても有効なのです。

2019.02.11sakata2

ところで、「火」というと「太陽の火」をまずイメージします。

しかし「火」というものの「灯 あかり」という側面を見ると、「スマホの灯」というのもありますね。

今の時代、ネットで情報がバンバン入って来る。
そこで「皮膚から入って来る」情報の部分がスポッと抜けてしまうのです。

坂田先生は、「皮膚感覚」を焚きつけるものとして「火」や「熱」が重要と話されていました。
「肉体を感じる」とか「体温を感じる」などです。

情報過多の時代。「頭にばかりエネルギーが行ってるな」と自覚したら、「肉体に意識を向ける」「身体を動かす」ってとても大切ですね。

スマホの「灯・ひ」も、情報を得る上では有効ですが、太陽から頂いている私たち本来の「火」「熱」の方にも、ちゃんと意識を置く。

そうすることで、スマホの灯から得られる情報も、自分にとって最適なものを選択していける力にもなるように思います。
自分にとって不必要な情報に踊らされないようになれるのかな?

ところで最近は、「お一人さまキャンプ」が流行っているそうです。
そういう方に「何故、ひとりでキャンプをするのですか?」と質問すると、答えは一つだそうです。

「焚火」です。

燃える火をひとりボーっと見つめる。
リラックスして足りなかった火のエネルギーを補充する。

火を使う事でバランスがとれることを、本能的に感じる方が増えているのでしょうね。

来年のオリンピックの「聖火」も、ギリシャのオリンピアで太陽から採火されるし・・・

そして、手塚治虫の「火の鳥」の文庫本。
全14巻が、2018年6月から、毎月2巻ずつ刊行されました。
これも偶然ではないかも知れない、興味深い現象。

坂田先生によれば、「火の鳥」は不死鳥。
不死鳥というのは死なないという意味。

平成の次、元号が何になるかはわからないけれど、「生まれ変わり」という意味画あるのかも知れない。
生まれ変わった後、どう生きていくのか?は、別の問題としてあるけれど、とにかく「今の継続ではない」ということは確かなのかも知れない。

「戦争の火ではない幸せな火」「焚火のようなあたたかい火」
「コンピューターの先にはない火」「スマホの奥にはない火」

「太陽の火」

太陽は燃えて、地球の生粒・動物・森も全て、太陽の火をいただいて生きている。

「それは生命の原点」

その生命の原点の先に。。。「永遠の世界がある。永遠っていうのはね、止まっているのではなく。全てがそこにあるってことよ」

永遠の世界の表現。坂田先生のステキな言葉です。

LEDの灯は、明るさはくれるけれど温かさは無い。
スマホの灯もそう。

人間は今、LEDの灯を浴び、スマホやパソコンの灯を見続けている。

「でもね、スマホやパソコンの灯が本当の光ではないと認識して見ないと、そっちが本当の光だという錯覚を覚えてしまうかも知れないわね。そのことに気付く必要があるのだと思います」と仰っていました。

スマホやパソコンは必要な情報を与えてくれる。
しかし、その情報が「自分にとって必要なものなのか、有害なものなのか」は、自分の感覚で選別しなければならない。
ここで必要になってくるのが、クリアな五感やその先にある第六感なのですね。

クリアな五感は、健全な肉体があってこそです。
私たちの中で燃えている「温かい火」を、きちんと感じていくことが大切ですね。

2019.02.12sakata1

そして最後に、私の陰陽バランスがとれてきた。。。という話に戻りますが。

「あなたの手の陰陽もね。温かい火とスマホの灯を両方使っているでしょ? それも陰陽バランスなのかもね~」

と、楽しく笑っておられました(笑)

長々と書いてしまいましたが・・・施術で火を扱うようになり、坂田先生とお話することで、ますます火の重要性を知りました。

イヤーコーニングと臍コーニングは、あなたの中の「炎」を思い出すきっかけになります。

是非是非、ご活用ください。

これで坂田先生とのセッションレポートは終わります。

次もきっと伺います。
楽しみ~!!