ブログ

02.08.Friday 2019

狛犬から考察する男性エネルギー 阿形

前回の続きの記事です。

右側の狛犬さんは、口を開いた「阿形 あぎょう」です。
こちらは、フラワーオブライフの手毬のようなものを踏みつけております(@^^)/~~~

フラワーオブライフ。
私はこの神聖幾何学模様大好きです。

種から木になり
木から花になり
花から果実になる

この図形には、生命のサイクルの意味が含まれています。

又、この図形は私たちの身体の中に深く刻みこまれているそうで。。。

この図形を描く時にも、重なりあう円が細胞分裂のように。。。

一つがふたつ。二つが四つへと増えていきます。

円と円が重なったところが花びらとなり、花びらが集まって花となる。
円と円とが重なった交点は、光を放つ光点でもあります。

この図形は、全ての数学的な方式・物理的な法則・音楽のハーモニクス・生命の営み・原子や分子レベルなどすべての生きとし生けるもののあらゆる側面が内包されているそうです。

私はこのフラワーオブライフに「人生」を感じます。

円を縁と置き換えると、ますますそのように感じます。

ご縁とご縁が重なり花びらを生み、又ご縁を重ね続け花になる。

そんな人生を歩めたら、素晴らしい。

阿形の狛犬さんは、フラワーオブライフを踏みつけている。
それはこの狛犬さんが、「花開く人生を成し遂げている」という証のように思えます。

2019.02.08aun2

この「花が咲き続けるような人生」となることを、阻むものは何か?

それはカルマに流されることかな。

先日観た「リーディング」という映画の中で、印象的だった言葉があります。

・「カルマとはエネルギーフィールドに蓄積された記憶であり、自分の意識の中にあるパターンである。ある人と会った時、ある事象が起きた時の反応や行動パターンをカルマという」

・「そのカルマ的反応や行動パターンを変え、新しい自分になることで、エゴを乗り越え恩寵に向かうのか?それともカルマ的な反応を繰り返すのか?今はその分岐点」

。。。なるほど。今は分岐点の大切な時期なのですね。

カルマに飲み込まれては、人とのご縁や出来事とのご縁で、花びらを描くことは出来ない。

因みにカルマの餌はエゴです。
エゴを打ち捨ててこそ、花開く人生が送れる。。。狛犬さんは、エゴを打ち捨てて花開く人生を送っているのですね。

エゴを捨てるって、どうしたら良いのでしょう?

ちょっと検証!!

エゴを放置すると、マイナスの感情が噴出してきます。

例えば。。。マイナスの感情の代表格(笑) 怒りについて考えてみると。
怒りというのは、自分の思い通りにならない時、自分を理解してもらえない時などに湧き出てきます。

例えば精神的な苦しみ、肉体的な苦しみ、経済的な苦しみ、社会に認めてもらえない苦しみなどなど・・・
それらが自身の身に降りかかると、「何故私がこのような目に遭うのか?」という怒りが出て来ます。

それは、その理由を「自分の外」に求めているからなんじゃないかな?と思うのです。

怒りを怒りとしないコツは。。。
怒りを感じる原因を作っているのは「自分」だったと、ただ気づけば良いだけなのかな。

言い換えると、自分の人生の責任を、自分で全て請け負うってことでしょうか?誰にも責任転嫁しない覚悟ってことでもあると思います。

これを認めちゃうと、怒りが湧いて来ても「あ。出処は自分か!」って、気持ちの切り替えが早いように思います。

「責任」っていう言葉。
以前はとても重々しいエネルギーを感じて、人から言われるのも自分が口にするのも大嫌いな言葉でした。

でもそれは、私の無意識が、最後の最後で本当の責任を負うことを、拒んでいたからなんだなって気づきました。

「私の人生の責任、私が全て請け負うよ」って決めちゃうと、「責任」って言葉はとたんにフワリと軽くなります。
マイナスの感情を打ち消してくれる魔法の言葉かな?(笑)

例えば肉体的な苦痛であれば、「今、この苦痛が自分に必要であるから与えられているんだな。この苦痛から何を気付けるのかな?」とか、「社会的に認められないのは、未だ自分に認められる準備が出来ていないからだな。そのような自分から抜け出すために、とにかく行動してみよう」とか。こんな風に思えることでしょうか?

全て自分の責任って、決して自分を否定する考え方ではないと思うのです。
「自分に非があるからこんな目にあう」とかではない。

ただ、今ある状況を「ああそうなんだな」って、誰のせいにするのでなく受け止めることだと思います。
今ある状況が嫌なら、変化を求めて動けばいいし、そのままだって良いと思うなら、動かなくたっていいと思う。

そういう生き方には強さがあり、父性を感じます。

そんな父性を、男性も女性も発動していけたら良いですよね。

で。そのような生き方が出来たとしたら、外界に敵は消滅しますから。。。
外界は味方だらけということ。

それはもう、良いご縁を運んでくれまくりですよね。
人生にご縁の花が咲きまくりって感じでしょうか??

私自身は、まだまだカルマから自由にはなっていませんから((+_+)) 
日々、自分の弱さを感じていますけれど。。。

でも、私のまわりには、「あ~ この人、人生フラワーオブライフ状態で生きているな~」って方、結構いらっしゃるんですよ。

そういう方って、お話を聞いてみると、「責任もって自分の人生を燃焼させてる。心から血を流すような経験も乗り越えて。そしてしっかりと汗を流し、努力もされている」そういう美しい生き方されてます。だから花開いて当然だよなって素直に思えますね。

中途半端な生き方、されていないです。
「行動」「実践」ってことを、ちゃんとされています。

あと、必ず利他的なこと、人のためになることをしていらっしゃる。
というか、人の幸せと自分の幸せがピッタリ一致しているんです。

ステキです。

因みに、自分の周りにそういう方が増えると、とたんに「嫉妬」という罠にハマります。
周りの光が強ければ強いほど、自分の影が鮮明になるってことなので。

でもでも。。。嫉妬心に絡めとられたら、落ちていく~((+_+)) ので、注意(笑)

危ないよぉ。
私の場合、ホント注意してないと危ないです((+_+))

嫉妬もマイナスの感情。
自分の周りを観た時に、エゴを餌にして湧き上がるカルマ的な反応。
エゴ野放し禁止ですね。。。(@^^)/~~~

ここでも「鏡の法則」を使うといいのかな?
「外界は自分」って思えば、自分もけっこういい感じなのか??って思えますから。

話が逸れた&長くなってしまいました。。。

とにかく阿形の狛犬さん!!

フラワーオブライフな人生ってステキです!
フラワーオブライフの神聖幾何学模様は、私たちのDNAに深く刻みこまれている。

エゴを捨てていくって事は、それだけ宇宙と同調して生きられるということ。
そうなれば、自然と人生花開くというのも頷けますね。

私たちみんなが、そんな人生を歩みたい(#^^#)
2019.02.08aun4

阿吽の二匹の狛犬たちから感じたこと。

ひとりの人間に、バランスよく男性性と女性性が開かれて「阿吽の呼吸」で生きられる。
吸う息と吐く息が揃うように、そこには始まりから終わり 終わりから始まりへ~という、上昇し続けるエネルギーの循環が生まれます。

阿形と吽形の真ん中に、素晴らしい景色があるような気がするなぁ~

そうか。
二匹の狛犬の真ん中の先には、本殿の「鏡」があるのですね。

「鏡の法則」
阿吽の狛犬、どちらも使っている法則。

興味深いです。神社!!